創価学会の集団ストーカー



ストーカーの目的

基本は仏敵探しです。悪い人を見つけて懲らしめます。

それが創価学会の批判者でなくても、学会からのターゲットにされるのが最大の特徴です。




誰の指示か?


集団ストーカー行為は幹部の指示です。

学会員は「怪しい奴をみつけてこい」といった、極めて曖昧な指示をされているので、集団から少し浮いた人なんかは不審者認定されることがあります。

不審者がいなければ、駅など人通りが多い場所などでわざわざ目障りな行動を取ってそれに過剰反応する人に声かけをするなどの行動を取るものもいます。

「学会員」に不審者認定されると、工作員が自宅に訪れることがありますが、こちらの対応によっては、仏敵認定されてしまい、集団ストーカーが始まります。

最大のポイントは、ターゲットにされた人はこの時点で「相手が創価学会員とはまだ気づいていない」ことです。



幹部と学会員




幹部が「あいつは敵だ」といえば、学会員は疑うことなく攻撃しようとする。

「学会員は思考停止している」と言われているのはこのためです。

「幹部の中におかしい人」もいますが、これに対して誰も突っ込まない、身内を疑ってはいけないといった考え方が蔓延しています



有名な広宣部


さらに学会には広宣部という諜報部があるので、仏敵とされた人を徹底的に調べます。

一般の会員も攻撃に加わることもありますが、通常は「指示された場所」で待っていて、ターゲットが来たら連絡する程度です。





発電機の仕組み