自然治癒するのも信心のおかげとウソをつく学会



池田大作名誉会長の次男は29歳で急死されました(池田城久)



病名「異穿孔」

(創価学会の発表では「胃潰瘍が原因で死去」とされています)



創価学会:世襲、池田大作はすでに死亡

胃穿孔は、激しいストレスなどで胃潰瘍が悪化し「胃に穴が開いた」状態になります。
放置すれば、大変苦しい病気ですが、高齢者でも手術等で一発で治る病気です。

池田城久氏が死にいたった原因については、池田会長の息子という名目上、「病気を隠す」ために産婦人科に隠れて通院していたことが分かっており、世間体のためまともな対応ができず処置が遅れたのが原因の可能性があります。

いずれにしろ、29歳の若さで病死されたことについては大変気の毒です。






「入会すれば病気が治る」と宣伝をしてきた創価学会


創価学会員は幼少期から、風邪などの軽い病気が治るたびに、「信心のおかげ」だと言われ続けるため、年を増すごとに信心は深くなります。

創価学会に入ればすぐに分かりますが、「聖教新聞や座談会」で誰が聞いてもウソ臭い話を耳にしますが、学会員は学会を疑うことをまずしません。

学会員は自分で考えるのではなく、学会から教えてもらう、指導してもらうといった考え方が主流のためです。




閉鎖された情報

学会員には「病人」や「障害者」が多く、病気に対する抵抗が極めて弱いといった不利な情報はすべてシャットアウトされており、
学会員は経験的に気づいていても、それを自覚したり、対処していなかったりします。

近年、脱会者が急増しているのは情報化社会のため、このような事実が明らかにされてきたことが原因でしょう。





仏罰とニセ本尊 (信心しても救われない人たち)


幹部が偽造したニセ本尊を拝み続け、一家が壊滅した学会員男性


視聴する


(この男性自身も殺人事件を起こしてしまい服役中)