創価学会系の芸能人リスト (情報元を記載しています)


創価学会では、テレビタレントを、「根拠のあるなしに関係なく創価学会員に認定する」といった広告を行ってきたため、
あたかも「芸能界は創価学会員ばかり」と思われるような状態になっています。



以下のリストは、情報ソースが確かな創価学会系の芸能人を掲載しています。

創価学会が発行する「聖教新聞」ほか、創価学会系の雑誌やビデオなどで自らの信仰を告白。あるいは「創価高校・創価大学の卒業生」および一般紙で入信が報道されるなどの情報元を記載しています。


一覧表  (50音順、役職は過去のものも含みます)

相田翔子(歌手) 芸術部員
あご勇(タレント) 芸術部員・地区幹事
朝比奈マリア(タレント)
創価学会系写真雑誌「SOKA」vol.2で創価学会主催の「第五鼓笛隊総会」の司会をした経験を語る。
石原さとみ(女優) 父親が学会員 (本人は創価高校卒業)
泉ピン子(タレント) 創価学会系月刊誌「パンプキン」2000年6月号で池田会長への傾倒を披露
市川右近(歌舞伎俳優) 芸術部員
岩隈久志(プロ野球選手) 妻とともに学会員
上田正樹(歌手) 芸術部員
エレキコミック(タレント) メンバーの谷井一郎(23期生)、今立進(24期生)とも創価大学卒
和希沙也(女優) 聖教新聞で学会3世であると報じられる
岸本加世子(女優) 副芸術部長
木根尚登(ミュージシャン) 副芸術部長
クリスタル・ケイ(歌手) 聖教新聞2003年1月1日「新春の大空へジャンプする若きスターたち」欄で紹介される
研ナオコ(歌手) 創価学会PRビデオ「ビクトリーロード」内で、池田大作名誉会長の前で高橋ジョージとデュエットする様子が紹介される。
桜金造(俳優) 芸術部員・地区幹事
柴田理恵(タレント) 芸術部員
島田歌穂(歌手) 芸術部員
杉田かおる(タレント※) 芸術部員 ※著書で脱会したと発表
高橋ジョージ(歌手)
「ビクトリーロード」内で、メンバーを折伏したエピソードを話す(折伏ロック)
田中美奈子(女優) 芸術部員、女子部副部長
段田安則(俳優) 創価学会系月刊誌「グラフSGI」2001年10月号「輝くSGIの友」特集にて、信仰を語る
土屋 伸之(タレント) 創価大学・落語研究部
内藤やす子(歌手) 「SOKA」vol.3で歌手への復帰を語る
長井秀和(お笑いタレント) 芸術部員、創価大学卒(18期生)
中村吉之丞(歌舞伎俳優) 芸術部員
仲本工事(タレント) 創価学会PQビデオ「ヒューマントーク3」で信仰を語る
西宮佑騎(micro) 芸術部員
ねづっち(Wコロン) 芸術部員(創価新報にて紹介)
はなわ(お笑いタレント) 所属事務所が認める
塙 宣之(お笑いタレント) 創価大学・落語研究部  芸人「はなわ」は実兄
パパイヤ鈴木(タレント) 「グラフSGI」2001年10月号「輝くSGIの友」特集内で紹介される
林家こん平(落語家) 「グラフSGI」2001年10月号「輝くSGIの友」特集で信仰を語る
氷川きよし(演歌歌手※)
※学会員であると公言していないが、聖教新聞のPRをしたり、「戸田記念講堂」に足を運んでいることから、ほぼ学会員と思われる。なお氷川きよしは同性愛者である。
画像あり
彦麻呂(タレント) 芸術部員
久本雅美(タレント) 副芸術部長、女子部区主任部長、妹の久本朋子も学会員
細川たかし(歌手) 「SOKA」vol.1で「題目を唱えると人に負けない強い一念が沸いてくるんです」と発言
BORO(歌手) 芸術部員
本田博太郎(俳優) 「SOKA」vol.8で、私の好きな御書の一節は「妙とは蘇生の義なり」と発言
前田健(タレント) 地区副リーダー  なお前田本人は同性愛者である
松井絵里奈(モデル) 芸術部員
松本慶子(NHKアナ) 創価中学校・高等学校・創価大学経営学部卒業
森本貴幸(Jリーグ選手) 創価新報にて紹介
モンキッキー(旧芸名:おさる) 創価大学卒(17期生) 宮谷信也(芸名:コアラ)も創価大学
山田花子(タレント) 芸術部員
山本リンダ(歌手) 副芸術部長
雪村いづみ(歌手) 副芸術部長、娘=「朝比奈マリア」も学会員

創価学会では外部に比べ、同性愛者が多いと言われる。
また、すべての会員には当てはまらないが、脱会者(男性)に付きまとい逮捕者を出すケースがある。


(海外)

ウェイン・ショーター(アメリカのジャズ奏者) アメリカSGI総合芸術部長
オーランド・ブルーム(イギリスの俳優) イギリスの新聞「デイリー・ミラー」で学会入信の儀式に参加したと報じられる
チョウ・ユンファ(香港の俳優)「SOKA」vol.10で、「私にとっての信仰とは生き抜くための力です」と話す
ティナ・ターナー(アメリカの歌手)「SOKA」vol.4で、「真剣な唱題で、更に生命力をたくわえながら、その躍動の魂を歌にしていきます」と語る
ハービー・ハンコック(アメリカのピアニスト) 池田大作会長との対談 『ジャズと仏法、そして人生を語る』を発刊
ロベルト・バッジョ(イタリアのサッカー選手) 「池田大作氏は尊敬できる人」と語る
ヘリョン (韓国の芸能人) 聖教新聞で韓国の芸術部長と報じられる




以下は全く根拠のない情報なので注意(一例をあげます)

<滝沢秀明、上戸彩>

2004年12月に行われた、創価学会の本部幹部会で、「池田大作会長」が、「NHKドラマの『義経』に出ることになっている、滝沢秀明、上戸彩、石原さとみは創価学会のファミリーです」と発言したことがきっかけで広まった。

実際には、滝沢・上戸彩の2人は創価学会に在籍しておらず、ただ「石原さとみ」とドラマで共演しただけである。このように創価学会は、創価学会員と関わった人を、勝手に「学会系有名人」と宣伝するケースがある。(池田会長みずから)
<高橋みなみ>

自身のブログで、飼い猫が「聖教新聞」の上に座っている写真を掲載
(座布団にしていた)


高橋みなみは、すぐに学会員認定されたが、聖教新聞を所持していただけでは、学会員とはいえない。

※外部でも依頼されて聖教新聞を所持するケースはいくらでもある。そもそも、学会員が猫の座布団に聖教新聞を使用するだろうか。
<AKB48のメンバー> ・・・根拠なし
<SMAP中居正広、草g剛>・・・根拠なし、久本雅美と親しいことが原因か
<ももいろクローバーZのメンバー>

根拠なし、メンバーの百田夏菜子が「久本雅美が司会」の”メレンゲの気持ち”に出演したことが原因か
<安住紳一郎> ・・・根拠なし
<V6、嵐、TOKIO(ジャニーズ)> ・・根拠なし
<小室哲哉、宇都宮隆(TMネットワーク)> 

TMネットワークは木根尚登(創価学会員)を含むが、小室、宇都宮は外部。
<聖教新聞でインタビューをうけた芸能人>

聖教新聞や、学会機関紙である「」に載っただけで創価学会員とされるケースがあるが、創価学会のインタビューを受けた程度では学会支持とはいえない。 
※「共産党支持者」でなくても、しんぶん赤旗にインタビュー記事を掲載されるのと同じ。

聖教新聞などのインタビュー記事は「芸能界は創価学会員が多い」という誤った情報が蔓延する原因となった。
<エグザイル>

メンバーの「HIRO」が、上戸彩と結婚したことで広まった。

創価学会員の考え方では、上戸彩(創価学会系) →夫のHIROも創価学会系→ 他のエグザイルメンバーも創価学会系となる



<参考>


1、「創価学会員は芸能界で有利」というのは事実ではない

→むしろ、創価学会だと分かったとたんにイメージダウンし、仕事が激減する傾向がある。(創価学会のイメージが悪い理由はページの下部に記述します。)


2、テレビ出演タレントのうち、創価学会員の割合はごくわずか
→ 創価学会は「芸術部」に力を入れているにもかかわらず、メディアに露出しているのは、「久本雅美、泉ピン子、石原さとみ、高橋ジョージ、ナイツ」程度であり、有名スポーツ選手にいたっては創価学会はほとんどいない。
→ちなみに、日本タレント名鑑(芸能人、スポーツ選手)の人数は「11、000人」もいる (2004年度版)


3、「創価学会は芸能界に力を入れているだけ」で数は少ない。

※以下は「芸能界は創価学会員が多い証拠」としてよく使われる写真・・・池田会長が出席した新年会に複数の芸能人が写っている。

1列目久本雅美(後ろを向いている)、岸本加世子」 2列目山田花子、山本リンダ」 3列目松井絵里菜、柴田理恵」 5列目ヘリョン」 左奥高橋ジョージ」  →全力で集めても8人
ベネッセは創価企業か?スティーブ・ジョブズ、寺門ジモン、楽しんご
この写真は創価学会が芸能界を支配している証拠として、大げさに引用されてきた


(聖教新聞の写真) 「高橋ジョージ、木根尚登、山本、久本、岸本、島田歌穂」の6人が写っている。
大島優子、雁屋哲、前田敦子、佐藤修、山川恵里佳


(下の写真)「創価学会の芸能人が選挙戦に!」 →しかし、よく見るといつものメンバー  「山本、岸本、久本」3点セット
和田アキコ、CHICA、谷口一刀、バラク・オバマ大統領、福井茂子(フルート奏者)所ジョージと出川哲郎・アーティスト名簿、スポーツ選手 天地真理青木さやか中村俊輔、タカアンドトシ、浜崎あゆみ、歌手・芸能界


「学会員による学会員認定」とは
→ タレントを見たら、「この人も創価学会」と事実の有無にかかわらず認定することで「現役や入会者」に安心感を与える広布の役割を果たす。
ちなみに、創価学会が「芸術部」に力を入れるのは広布「会員を増やしたい」ため。


「事実無根」にもかかわらず、創価学会認定された芸能人が 「私は創価学会ではありません」と言うことはまずない
 勝手に創価認定された芸能人 「否定することにリスク・面倒がある」 → 創価学会員 「否定しないならこの人も学会員なんだ」


【関連】 在日が行っている在日認定とは

創価学会員同士での結婚、カール・ルイスも在日井上真央、田村正和、石井いさみ、中川家剛、吉澤ひとみ

プロレスラー前田日明氏の祖母の発言 「優秀な人はすべて在日」





<創価学会員の人数はどのくらいか?>

創価学会とは、昭和20年〜30年代に会員を増やした「宗教団体」
(当時は医療が発達していない時代。「信心すれば病気が治る」と宣伝しながら貧民・病人を中心に会員数を増やした)

入会すると「本人以外にも子供・孫はすべて創価学会員としてカウント」され、創価学会の公式ページによると国内に827万世帯本人が脱会したり、死亡してもマイナスしないので827万世帯(公式)が減ることはない。
しかしこの数字は、かなり誇張しており、創価学会を支持母体とする公明党の比例票(友人票含め)を考慮すると、実際は100万世帯、200万〜300万人ほどと考えられる。

もし仮に、827万世帯もいれば、1世帯あたり最低1人は成人がいるとして(夫婦なら2人)、創価学会員は(成人している者だけで)1000万人程度はいることになり、この人たちが選挙活動で「友人票」を取れば、2012年の衆議院選挙の公明党の得票数=711万票は少なすぎると考えられます。(※827万世帯に対して


※公明党には「創価学会員以外」の人も多く投票しています。

選挙、佐村河内守、大島優子、エクザイルHIROも入信、
上の写真「(電話するなどして)一般人から300票取る」


(公明党の国会議員の約9割が創価学会員です)




<創価学会とは>

簡単に入会できます  ※創価学会を批判していても入れます

芸人は創価学会ばかり活躍できる、松崎正臣、とやなせたかし

(上の写真) 「選挙やると功徳が出る」


創価学会員が、この宗教に身をおく理由は、「功徳・仏罰」という言葉を信じているからです。そこを知らないと、学会員の行動を理解することはできません。

「選挙活動をする」「聖教新聞を配達する」「折伏(勧誘活動)」に功徳があると信じています。ある幹部は「折伏(しゃくぶく=勧誘活動)をしないなら、代わりに聖教新聞を配達すると功徳がたまる」といっています。

つまり、「創価学会で活動すれば病気が治ったり、さまざまな功徳を得る」とされています。逆に「脱会すると悪いことが起きる」と考える者もいます。

ただし創価学会が宣伝しているように、「創価学会に入れば病気が治ったりするか?」といえばそうでもなく、実際には、「池田大作会長の息子」ですら29歳で病死しています。
創価学会は、「信心すればガンでも治る」などと機関紙で功徳を謳いながら、「池田大作の息子は病死」すると言った都合の悪い部分を隠しています


=学会員に不要な情報を与えない


雅子様、石原さとみの本名は石神国子、ジャニーズ、上戸彩、嵐、akb48
池田大作会長の息子=池田城久氏の葬儀 (死因:胃穿孔)
=胃穿孔は高齢者でも完治可能な病気です


創価学会では、病気で死亡したら「信心が足りなかった」といわれ、本人が熱心に信仰していた場合「本人は亡くなったけど信心のおかげでこの程度で済んだ、なにもしなければもっとひどい事になっていた」となります。



<ご本尊とは>

職員がカラーコピーしたものを販売  →入会すると本部から郵送されてきます。(3000円と安いので簡単に入手できます)

離婚、山川恵里佳、矢口真里、モンキッキー離婚ブログ佐村河内守、池上彰、佐々木さやか、ベネッセ活動内容、安西マリア、氷川きよし、exile ジャニーズ 池田大作氏が死去
(上の写真)

日寛上人(にっかんしょうにん)が認(したた)めた本尊から「授与書き、文字のかすれ(計4箇所)」を職員が修正したあと、カラーコピーして販売しています。

本尊」は仏教では信仰の対象、大切にすべき物とされますが、創価学会のような新興宗教では、職員が文字を勝手に書き変えてカラーコピーしたり、「縮小してペンダント」にして販売するなど、扱い方が特殊です。




<※ここからは創価学会による社会問題を扱います>


創価学会は、幹部がたびたび事件を起こすため、世間では一般的にカルトと呼ばれています。(海外からもカルト指定されている)


ヤフーBB恐喝事件(個人情報漏洩・恐喝)
三船美佳、一覧表、ももクロZ、創価学会の見分け方、安西マリア
「ヤフーBB 恐喝事件」
 →YAHOO BB利用者の個人情報をソフトバンクから盗み出し創価学会幹部2名が逮捕。実刑判決


創価学会の幹部たちは、「創価学会が批判されるのは、外部から嫉妬されているから(学会員であることを羨ましく思われている)」と会員に教えていますが、批判される原因は「幹部による犯罪」です。

そもそも、創価学会は、「犯罪者(前科もち)でも簡単に入会」でき、世間ではカルト扱いされている団体です。嫉妬する人はまずいません。

※ちなみに創価学会は、日本国内のイメージが悪すぎるため、「日本では批判されるが、海外からは支持を受けている」などと会員に言っています。 →本当は、海外からもカルト扱いされている



「広宣部」による活動

電話盗聴、みのもんた、凶悪犯exile 前田敦子、見分け方 ジャニーズ 嵐 v6
創価学会には、「広宣部」というグループが存在します。

広宣部は脱会者を調査するなど諜報に似た活動を行っており、過去に、「脱会した女性にストーカー行為」を行い3人逮捕者を出しています。

創価学会が、「悪い意味で有名になった」のは、広宣部の活動が原因です。





NTTドコモ通話記録抜き出し事件 (個人情報漏洩・脱会者の調査)

創価学会の幹部は、インターネットプロバイダだけではなく電話会社などの情報機関にも学会員を入社させており、このNTT事件では通話記録を盗まれた女性(脱会者)が「組織的なストーカー行為」を受けたのち、創価学会員が3人逮捕され、その中の1人に「懲役10ヶ月、執行猶予3年」の判決が下りました。

2004年12月の裁判では、被告(創価学会員)に対して創価学会の弁護士が10名もつく事態となったが、被告に執行猶予がついたため創価学会は「裁判に勝った」と宣言をしました。

写真中央の白い服の女性が被害者(元学会員)→ 創価学会を脱会したあと標的にされ、連日張り込み・ストーカー行為が行われた。
モーニング娘2012〜2013年、、後藤真希、尾崎豊、リサイクルショップ経営、中尾伸也容疑者知佐容疑者(45)
創価学会は車両に搭載されたナビゲーション追跡により脱会者の位置情報が容易に特定できます

「広宣部」らが安易に、尾行・張り込みなどを行うようになった理由です。





<創価学会と公明党の実態>

もはや常識ですが、創価学会は「公明党」の支持母体です。(「公明党の9割が創価学会員」であることから、ほぼ一体化している状態です)


<特徴1>

創価学会(公明党)の特徴として、中国共産党との深いパイプを持ち、代表者池田大作は「周恩来」「李鵬」などの主要人物との会見を重ねています。
聖教新聞では連日、中国を賛美する記事が書かれています。

集団的自衛権の行使容認、雅子様、ウッチャンナンチャン、創価学会疑惑のある有名人北斗晶
公明党山口代表  反日政治家「習近平」に深々と頭を下げる。 ※公明党は日本国内では(自民党などに対し)強気な発言が多いが、中国ではこうなる。


<特徴2>

創価学会には「警察官が多い」といった特徴があります。(全国に5000〜7000人程度) 特定の宗教団体の構成員が多いのは、治安に何らかの影響が考えられるため、採用の見直しをするべきかもしれません。また電話会社・インターネットプロバイダ(通話通信記録)などの、情報機関に創価学会員が入りこんでいるのも問題といえます。




<豆ちしき>

2008年にスタジオジブリの「取締役社長」に就任した、ウォルト・ディズニー・ジャパン前会長の「星野康二」という人物は、創価大学出身ですが、「必ずや池田大作会長の偉大さを証明してみせる!」と発言している人物です。またニコニコ動画の親会社=「ドワンゴの幹部」にも就任したので「今後の動き」に注目です。

エレコミやついいちろう、松嶋初音電撃婚藤原武容疑者(49)

星野氏が特異な発言をしたからといって、スタジオジブリが異常な団体というわけではない。(前社長は鈴木敏夫氏)




【関連リンク】



右翼団体の本当の目的」 ←必見

ダイソー、ブックオフ、白木屋、ヤマダ電機、ツタヤ、ユニクロ、養老乃瀧、東京ディズニーリゾート




【治安に関する関連リンク】


在日シナ人による性犯罪が増加、日本女性は注意



在日シナ人2世、高山容疑者 (少女100人以上を襲い性的暴行) ※在日シナ人は、創価学会によるストーカー行為にも加わっている。




avex、宝塚歌劇団、紀伊国屋書店、ベネッセ、ロッテリア、セコム

「マスコミが報道できない性犯罪事件」 ← 日本で何が起きているか分かる女性必見のサイト