創価学会の芸能人一覧


ネット上では未確定情報が広く出回っていますが、
以下の一覧は、「芸術部員」や「創価大学」の卒業生など、情報が確かなものを掲載しています。


相田翔子 芸術部員
朝比奈マリア 創価学会系の雑誌「SOKA」vol.2で、創価学会主催の「第五鼓笛隊総会」の司会をした経験を語る。
石原さとみ ※父が創価学会員
箱根駅伝に出場・結果は最下位、順位仏壇、創価大、ロッテドラフト1位、寺嶋寛大

 ※ 親が創価学会員の場合、生まれた子供も創価学会員となります。

泉ピン子 創価学会系月刊誌「パンプキン」2000年6月号で紹介される。
市川右近 芸術部員
井上真央 母が創価学会員
岩隈久志 聖教新聞(2014月12月2日付)で紹介される
上田正樹(歌手) 芸術部員
エレキコミック 谷井一郎、今立進とも創価大学卒
和希沙也 聖教新聞で学会3世と報道される
岸本加世子 副芸術部長
木根尚登 副芸術部長
クリスタル・ケイ 聖教新聞2003年1月1日付けで紹介される
研ナオコ 創価学会PRビデオ「ビクトリーロード」内で紹介
桜金造(俳優) 芸術部員
柴田理恵 芸術部員
島田歌穂 芸術部員
杉田かおる(脱会)
芸術部で活動していたが、すでに脱会したことを著書に記述している。
田中美奈子 芸術部員、女子部副部長
高橋ジョージ PRビデオ「ビクトリーロード」内で、メンバーを勧誘したエピソードを話す
段田安則(俳優) 月刊誌「グラフSGI」2001年10月号「輝くSGIの友」特集で紹介
ナイツ(お笑いコンビ) 土屋伸之、塙宣之とも創価大学卒
内藤やす子(歌手) 「SOKA」vol.3で紹介
長井秀和(お笑いタレント) 芸術部員、創価大学卒
中村吉之丞 芸術部員
仲本工事 創価学会PQビデオ「ヒューマントーク3」で信仰を語る
生天目仁美(声優) 聖教新聞(2006年4月11日)で学会3世と報じられる
西宮佑騎(micro) 芸術部員
ねづっち(Wコロン) 創価新報(2010年7月21日)で紹介
はなわ 所属事務所が認めている
パパイヤ鈴木 「グラフSGI」2001年10月号「輝くSGIの友」で紹介
林家こん平 「グラフSGI」2001年10月号「輝くSGIの友」特集で紹介。
福原由紀子(CM女優) 脱会
某宗教から集団ストーカーを受けていた福原由紀子さん

 学生時に入会したが、35歳で脱会。

この女性はCMタレントですが、創価学会をやめた後、多数の男子部員(創価学会員)からストーカー行為を受けており、尾行・写真撮影をされていたほか、携帯電話の通話記録を盗まれていた。
この「集団ストーカー事件」で創価学会の男が3人逮捕される事態となった。→裁判で執行猶予付きの有罪

この事件の詳細は、ページの後半に記述しています。 ・・・創価学会のカルト性

氷川きよし 創価学会員と思われる証拠はいくつかあるが、本人が認めておらず確実なソースは今のところ無い
彦麻呂 芸術部員
久本雅美 副芸術部長

ベネッセは創価企業ではない、スティーブ・ジョブズ、寺門ジモン、楽しんご ワハハ本舗、能年玲奈、カルト宗教に所属するタレント、国土交通省、JTB、社員に支持メール本田理沙、北野誠、所ジョージと出川哲郎・アーティスト名簿、スポーツ選手 天地真理、舛添要一、本田理沙

細川たかし 「SOKA」vol.1で紹介される
BORO 芸術部員
本田博太郎(俳優) 「SOKA」vol.8で紹介される
前田健(タレント) 地区副リーダー
松井絵里奈(グラビア) 芸術部員
松本慶子(NHK契約キャスター) 創価大学卒業
森本貴幸(Jリーグ・サッカー選手) 創価新報にて紹介される
おさる(旧芸名おさる) 創価大卒(17期生)
山田花子 芸術部員 →久本雅美に勧誘され入会
山本リンダ 副芸術部長
雪村いづみ 副芸術部長  娘の「朝比奈マリア」も学会員


海外の有名人

ウェイン・ショーター(アメリカのミュージシャン) アメリカSGI総合芸術部長  ・・※SGIとは「創価学会インターナショナル」の略
オーランド・ブルーム(イギリスの俳優) イギリスの新聞「デイリーミラー」で紹介される。
チョウ・ユンファ(香港の俳優)「SOKA」vol.10でで紹介される
ティナ・ターナー(アメリカの歌手)「SOKA」vol.4で紹介される
ハービー・ハンコック(アメリカのピアニスト) 池田大作会長との共同著書を執筆。
ロベルト・バッジョ(イタリアのサッカー選手) 足の怪我が治らず入信
ヘリョン (韓国の芸能人) 韓国の芸術部長




創価学会員はなぜ多いのか?

松田聖子、紅白歌合戦、和田アキ子、山口組、暴力団、五十嵐 広行、大森隆志、橋本章司、八島順一、ハウンドドッグ、加藤ローサ、AI旭道山、ライオネス飛鳥

創価学会員が多い理由はいくつかありますが、

第一に、「2代目会長」である戸田城聖が「折伏大行進(しゃくぶく、だいこうしん)」を行ったこと。(1951年〜)
「折伏大行進」とは次から次へと創価学会への勧誘を行うといった活動で、
創価学会員の数が増えると同時に、社会現象にもなりました。

そして、重要なのは、ちょうどそのころ「高度経済成長時代」に重なったこと。

創価学会に入会した人たちは、みるみる生活が豊かになるのを「信心のおかげ」と思い込んだわけです。
もちろん、高度経済成長は日本国民をまんべんなく豊かにしたわけですが、創価学会員は「入会したおかげだ!」と言ってきたのです。
創価学会員の中でも、お年寄りたちが揺るぎない信心を持っているのはそのためです。

実際のところ、高度経済成長が終ると入会者はほとんどおらず、創価学会に残っているのは病人やお年寄りと、2世3世だけです。


そして現在の創価学会では

経済が発展した日本では会員の増加が見込めないため、医療の未発達な地域や新興国にシフトしており
南米コスタリカや、ブラジルなどの新興国地域に金銭の支援をするといった手法で現地の評価(勲章)を受けるといった活動を行っています。





<ここからは創価学会の社会問題を扱います>


幹部による「個人情報」の盗難続発

三船美佳、一覧表、ももクロZ、創価学会の見分け方、安西マリア、池乃めだか、横山ゆかり

「ヤフーBB」からも個人情報を盗み出す

創価学会員たちは、「創価学会が批判されるのは、外部から嫉妬されているから」と言いますが、
実際には個人情報の盗難などが多いことが批判されています。(犯人のほとんどが幹部クラス)

そもそも創価学会は、犯罪者でも簡単に入会できる団体です。嫉妬する人はいません。





創価学会を”脱会”したタレントが「集団ストーカー」を受け、創価学会員が3人逮捕される


CMタレント、福原由紀子さん

高城れに、有安杏果、中野有沙、堀北真希、佐藤健、小栗旬、NHK岡村真美子不倫、後藤真希、尾崎豊、リサイクルショップ経営、中尾伸也容疑者知佐容疑者(45)

創価学会を脱会したCMタレントが、創価学会の男集団からつきまとい行為を受け、
尾行・写真撮影をされていたほか、携帯電話の通話記録を盗まれる。

→ 創価学会員3人逮捕。


3人のストーカーのうち2人が、「創価大学の教師」
残り1名が「創価大学卒業」でNTTドコモ・システムズの社員(主犯格)

裁判では、この女性の通話記録を盗んだ1名のストーカーに対して創価学会の弁護士が10名もつき、組織的に弁護したが敗訴。
(東京地裁2004年12月28日裁判)




<参考>

創価学会員と断定できない芸能人

上戸彩
滝沢秀明
小室哲哉
AKB高橋みなみ
百田夏菜子(ももいろクローバーZ)



ソニー『PlayStation4 PlayStationCamera同梱版』CUH-1000AA01 ブラック 500GB PS4 ゲーム機本体【訳あり】【新品】b00e/N



リンク

「右翼構成員の正体」
松浦亜弥、アンパンマン、ドリーミング、宮本悦朗(クールファイブ、佐藤竹善佐々木希、柳原可奈子、池上彰、神田沙也加、モーニング娘、高橋愛、スマイレージ、市井紗耶香

EXILE、岩田剛典、シクラメン、浅田舞、吉田綾奈堀北真希、佐藤健、小栗旬、NHK岡村真美子不倫、後藤真希、尾崎豊、リサイクルショップ経営、中尾伸也容疑者知佐容疑者(45)千堂あきほ、中嶋朋子、スティービーワンダー、鈴木早智子落語家のメンバー、ジャニーズ(V6、嵐、TOKIO、手越祐也、大野智、山田涼介、二宮和也、亀梨和也堀北真希、佐藤健、小栗旬、三船美佳、サンジャポ、大田光、安室奈美恵、ベッキー、中居正広、草g剛、木村拓哉(AKB48)(未確定)大島優子、雁屋哲、前田敦子、佐藤修、山川恵里佳、松崎正臣、やなせたかし堀北真希、佐藤健、小栗旬、NHK岡村真美子不倫、後藤真希、尾崎豊、リサイクルショップ経営、中尾伸也容疑者知佐容疑者(45)千堂あきほ、中嶋朋子、スティービーワンダー、鈴木早智子(未確定)大島優子、雁屋哲、前田敦子、佐藤修、山川恵里佳、松崎正臣、やなせたかし未確定)雅子様、本名、ジャニーズ、上戸彩、嵐、akb48SMAP岩田剛典、HIRO(エグザイル) 松本潤(嵐)柳原可奈子本田翼、生田斗真、沢尻エリカ、斉藤由貴、布袋寅泰、今井美樹、山下達郎、寺門ジモン長与千種、中川家、水戸泉、坂上二郎、小川菜摘、愛川欽也、平尾昌晃、栗山英樹、やるせなす本田翼、生田斗真、沢尻エリカ、斉藤由貴、布袋寅泰、今井美樹、山下達郎、寺門ジモン長与千種、中川家、水戸泉、坂上二郎、小川菜摘、愛川欽也、平尾昌晃、栗山英樹、やるせなす